Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

老婆心?それとも老婆親切?

ブログ

老婆心?それとも老婆親切?

毎日、暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

暑い暑いと言いながら、夏を楽しまなくては!

毎年恒例になりつつある、

しずさんと行く「ぎおん柏崎まつり大花火大会」に行って参りました~。

柏崎花火2019

毎年、本当に素晴らしく感動の嵐です。

花火はもちろんのこと、安全を考えられた会場や設営、挨拶の素敵なスタッフ

お客様からいただいたたくさんのお菓子と美味しい枝豆にトマトに漬物♪

ビールが飲めないことが非常に残念(笑)

楽しく、美しく、美味しい夏の一夜でした!

で、そこでの出来事。

駐車場から会場に向かう道中。

素敵な浴衣を着たカップルが前を歩いていました。

追い越し際、「素敵ね~」と声をかけたしずさん。

「ありがとうございます♪」と言う彼女の隣の彼氏を見ると

浴衣を左前に着ているではないですか!!

*左前とは・・・
お着物は左側を上に右側を下に着るのが常識です。
左前の「前」とは「手前」のことを言うので左側が手前なので逆に着ていることを左前と言います。

結納1

黒留袖1

訪問着G

彼女さんは、ちゃんと右前にお着付けされているのですが、彼氏さんは左前。。。

ほっておけないしずさんは、彼氏さんにこっそり「逆だから直したほうがいいわよ。」と。

でも、その彼氏さんはなんと

「僕、これでいいんです。」

!!!!!

え?!?!

いやいや、ダメでしょう!!

「隅ですぐ直しておげるよ?」

「いや。いいです。」

。。。。。

おせっかいに感じたのでしょうか、お断りされました。

なんでそんなにダメなの?って思われる方がいらっしゃるかもしれないので補足します。

お着物の場合、右前が常識と言いましたが左前に着る場合もあります。

それは「死装束」です。

なので、左前にお着物をきることは死者と同じことを意味するのです。

ここまで言ったら、彼氏さんは直してもらったのかな?

これは老婆心なのか老婆親切なのか、、、彼氏さん指さされて笑われてないことを祈ります。

夏はまだまだこれから!

浴衣を着る機会もたくさんありますね。

当店では、美しく着くずれしない浴衣の着付けも致します。

素敵なアップスタイルもおすすめですよ。

たまには、素直に老婆親切を聞き入れることもおすすめします(笑)

新潟のボディジュエリーは 美容師が施術する しず美容室

                                    スタッフミキ

文字サイズ:

a:365 t:3 y:0

コメント



認証コード8515

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional